FC2ブログ

改善例 ~ 下肢の痛み ~

坐骨神経痛(左脚) 70代 女性

料理をする時など、長い時間立ちっぱなしでいると、太ももの裏側~ふくらはぎが痛くなり、途中休み休みやらないと辛い

坐骨神経痛は下肢腰椎~仙骨(L4~S3)から出ている神経が集まって坐骨神経となっています。

腰をチェックすると、やはり左側の腰~仙骨の緊張が強かったので、体型のバランスをとる調整をしながら、腰~仙骨の左側を重点的に調整したところ左側に体重をかけてもほとんど痛みを感じなくなりました。

この方はもともと右足首の痛みがあったため、それをかばうために左腰部の負担が増加し、それが坐骨神経痛を引き起こしたのではないかと思われます。

足首の調整も行い、左右のバランスをとることを重点的に行いました。


腰痛HP→茅ヶ崎・寒川の腰痛整体:大谷整体院

茅ヶ崎・寒川の大谷整体院の詳細はホームページをご覧下さい。

大谷整体院
〒253-0083 神奈川県茅ヶ崎市西久保588
TEL 080-5655-8861
スポンサーサイト



2008年10月01日 改善例 トラックバック:0 コメント:0

改善例 ~ 肩から腕の痛み ~

左肩から腕の痛み  (60代 女性)


2~3日前から左の肩から腕が痛みだし、夜は痛みがひどく眠れないとのことで来院。


体型をチェックすると左肩が下がり、左肩甲骨の内側が盛り上がって緊張していた。

左肩甲骨内側の緊張は胃や心臓の疲れが出てくるところなので、気になることを伺ってみると、胃が重だるく常に気になるとのこと。


体全体のバランスをとる調整をしながら、左肩甲骨内側の緊張をとり、最後にお腹の調整をすると胃も軽くなり、腕の痛みもほとんどなくなりました。


その後調子が良かったようですが、どこかに旅行に行った時についつい食べ過ぎてしまったら、また左肩~腕が痛くなってきたとのことでした。

やはり胃の疲れが原因だったのですね!


その後この方は月に2回程度、体調管理のためのために定期的に来院されています。


茅ヶ崎・寒川の大谷整体院の詳細はホームページをご覧下さい。

大谷整体院
〒253-0083 神奈川県茅ヶ崎市西久保588
TEL 080-5655-8861

2008年10月01日 改善例 トラックバック:0 コメント:0

改善例 ~ 膝の痛み ~

膝の痛み  (60代 女性)

数年前から膝が痛く、歩くのが辛い(特に右膝)
病院では変形性膝関節症(膝の軟骨がすり減って擦れるために痛みがでる)と診断され、注射を打ったり温めたりしたがなかなか改善せず、友人の紹介で来院されました。

体験を観察すると、右肩が下がり、腰も膝も曲がりO脚になっていた。
屈伸をしてもらうと、少し曲げただけで膝のお皿の下が痛み、支えがないとできない常態。
うつ伏せに寝た状態で膝を曲げてみると、前側の太ももが張って屈伸した時と同じようにお皿の下が痛む。

腰が曲がるとそのバランスをとるために膝が曲がり開いてきます。→O脚。
O脚になると、膝の内側の部分が圧迫された状態で歩いたりすると、だんだん軟骨が磨り減ってきますし、また外側の靭帯は常に伸ばされているためその靭帯に痛みが出る場合もあります。

確かに膝自体の問題もあると思いますが、この方は前側の太ももが張ってお皿の下が痛くなるため、腰から膝につながっている神経の緊張も関係しているのではないかと考え、膝を触らずに腰の調整をしたところ痛みが半分に減りました。
その後に体のバランスをとりながらO脚や膝の調整をしたら、先程よりも更に痛みが軽くなりました。

しかし、腰も曲がって硬くなっており、症状も古いので、しばらく週1回のペースで通って頂き、5回目くらいには、多少痛みがありますが支えなしに屈伸ができるようになりました。

まだ痛みが出たりすることもあるので、週1回のペースで継続的に受診され、最近では旅行にも行けるようになったと喜んでおられました。



茅ヶ崎・寒川の大谷整体院の詳細はホームページをご覧下さい。

大谷整体院
〒253-0083 神奈川県茅ヶ崎市西久保588
TEL 080-5655-8861

2008年10月01日 改善例 トラックバック:0 コメント:0

改善例 ~ 肩こり ~

首から肩のこり (60代 女性)

慢性的に首から肩にかけてのコリが強く(特に右側)、ひどくなると吐き気やめまいが起こる。特に朝起きた時が一番辛く、動いているうちに少し楽になってくるとの事。

体の歪みを観察すると、両方の背中が盛り上がり(猫背)特に右が緊張していました。
肝臓と胃の疲れが体型に出ていたので、内蔵について聞いてみると、健康診断では異常は出なかったが胃のあたりが常に気になるとの事でした。

内臓は自律神経で首や肩とつながっているため、体全体のバランスをとりながら肝臓・胃・お腹の調整を行ったところ辛さがだいぶ取れた様子でした。
しかし、慢性的に肩こりがひどかったために肩自体の筋肉や関係する椎骨も緊張しており直接緩めたところ、ほとんどこりは感じなくなりました。

また、「朝起きた時に一番辛く動いているうちにだんだん楽になる」のは、やはり内臓の緊張が関係していると思われます。
自律神経には昼間優位に働く「交感神経」と寝ている間や食中~食後に働く「副交感神経」があり、副交感神経が優位の時には内臓も緊張しやすいためです。(例えば食後に眠くなるのは、食べることによって内臓が働き、副交感神経が優位になって眠くなるのです。)
起きて活動すると、だんだん交感神経が優位になるので内臓の緊張も減り、首や肩の緊張も軽減するのではないかと思われます。

週1回のペースで通っていただき、はじめの頃は数日で戻ってしまいましたが、食生活の改善をしながら調整を続けていったところ、5回目くらいからあまり気にならないようになってきました。
現在も健康維持のため、週1回のペースで継続して受診されています。

慢性的な肩こりは体質を改善しないとなかなか良くならないので、調整を受けるだけでなく生活習慣の改善も必要です。



茅ヶ崎・寒川の大谷整体院の詳細はホームページをご覧下さい。

大谷整体院
〒253-0083 神奈川県茅ヶ崎市西久保588
TEL 080-5655-8861

2008年10月01日 改善例 トラックバック:0 コメント:0

改善例 ~ 首の痛み ~

首の痛み  40代 女性

今朝起きたら首が痛くて左に向くことができない。


体型や背骨をチェックすると肝臓の疲れが出ていたので、首を触らずに肝臓の調整をしただけで首の痛みが取れて左に向くことができるようになった。
再発防止のため、肝臓への負担(食生活、ストレス、睡眠不足など)を減らすような生活習慣の改善をお勧めしました。


肝臓も含め内蔵が緊張すると、その臓器と関係のある椎骨も緊張するため、首や背中、腰が痛くなります。

この方は痛みが出たばかりだったので、肝臓を調整しただけで改善しましたが、慢性的に痛みのある方は、首の関節も慢性的に緊張してしまうため、直接首を調整する必要が出てきます。

慢性的になればなるほど緊張も増してくるので、それだけ時間や回数が必要になってきます。気になりだしたらお早めに調整されることをお勧めします。


茅ヶ崎・寒川の大谷整体院の詳細はホームページをご覧下さい。

大谷整体院
〒253-0083 神奈川県茅ヶ崎市西久保588
TEL 080-5655-8861

2008年10月01日 改善例 トラックバック:0 コメント:0

改善例 ~ 頭痛 ~

頭痛・首~肩のこり、右膝内側の痛み  (60代 女性)

・慢性的な肩こりで疲れがたまったりすると頭痛(特に左)になるため、頭痛薬を飲むことが多い。
・右膝の内側も痛むため歩くのが辛い。

体の歪みをチェックすると、右肩が下がり右肩甲骨下辺りが盛り上がって、骨盤は右側が前に出てねじれていました。
この様な歪みのある人は肝臓が疲れている人が多く、肝臓が疲れて緊張すると内臓の機能調整を行っている自律神経も緊張して左上部頚椎が緊張してきます。
左上部頚椎が緊張すると、頭部に行っている神経や血管を圧迫して頭痛や肩こりがおこります。ひどくなるとめまいや耳鳴りが出る人もいます。
また腰のねじれは、腰から膝に行っている神経を圧迫するため歩いたりすると膝の痛みとして感じます。(もちろん膝もねじれているため膝自体の痛みもあると思います)

肝臓の調整をしてからだのバランスをとると、頭痛や膝の痛みはほとんどなくなりました。
首~肩のこりは少し残っていたので、首~肩の調整を直接行うとほとんど気にならなくなりました。

最近では頭痛薬を飲むことはほとんどなくなった様ですが、疲れてくると肩が張ってくるので、健康維持のため週1回のペースで継続して受診されています。


頭痛の専用サイトを作成したのでご覧下さい。 ⇒ 片頭痛・緊張性頭痛でお悩みなら茅ヶ崎の大谷整体院


茅ヶ崎・寒川の大谷整体院の詳細はホームページをご覧下さい。

大谷整体院
〒253-0083 神奈川県茅ヶ崎市西久保588
TEL 080-5655-8861

2008年10月01日 改善例 トラックバック:0 コメント:0

改善例 ~ 腰痛 ~

腰痛  (40代 男性)

昨日から右背~腰が張ってきて、今朝は寝返りも辛くなり来院。

体型をみると、右肩が下がり右肩甲骨下あたりが緊張して盛り上がっていた。

この様な体型は肝臓が疲れている人が多く、気になることをいくつか質問してみると、健康診断で肝臓の数値が引っかかっている上に最近忙しく、忘年会や新年会などで暴飲暴食が続き、疲れが溜まっていたとのこと。

この腰痛は肝臓の緊張からきていると推測できたため、痛みのある右背~腰には触らず、仰向けで肝臓を緩め、その他肝臓に関係する場所を調整したところ、痛みがだいぶ軽減して腰を曲げても少し張る程度になった。

肝臓はお酒だけでなく、食べ過ぎ、カロリーの高い食生活、睡眠不足、ストレス、薬の常用なども負担になるので、生活習慣も気をつけるようにしてもらい、3日後に2回目を受けに来ていただきました。

2回目に来院された時は痛みもだいぶとれており、起き上がる時に少し痛む程度でした。
今回はうつ伏せになれたので、体全体のバランスをとりながら肝臓と関係のある椎骨を調整して、最後にお腹の調整を行ったらほとんど痛みはなくなりました。


毎日たくさんの方の体を診ていると、肝臓の疲れている人が非常に多く感じます。
皆さんも生活習慣を一度見直してみてはいかがでしょうか!?


腰痛HP→茅ヶ崎・寒川の腰痛整体:大谷整体院

左腰部と右足外側の痛み (60代 男性)

腰は前屈と体をねじった時に痛む。
右足は体重がかかると痛む。

はじめは右足の痛みだけでしたが、だんだん左の腰が気になってきて3日前に急に痛みがひどくなり、寝返りもできないとのこと。近所の方なのですが歩くのも辛いので車で来院されました。

この方は、お酒をよく飲まれるとのことなので、肝臓も疲れているのではないかと思いましたが、腰痛は左にでていること(肝臓は右の腰痛を起こしやすい)、お腹の調整をしても腰痛や右足外側の痛みがあまり変化しなかった事などから、内臓の異常よりも悪い姿勢や仕事などの負担による筋肉の過緊張や関節の歪み・緊張からの神経圧迫が原因ではないかと考え、痛みに関係する椎骨の調整を行ったところ痛みが3割ぐらいまでになりました。

あまりやりすぎると翌朝痛みが出ることもあるので、本来は3日くらい空けるのですが、仕事に早く復帰したいとの事なので翌日また来ていただきました。

翌日は痛みもだいぶ引いた様子で、自転車でいらっしゃいました。
全体のバランスをとる調整をしながら、腰を重点的に緩めたらほとんど痛みはなくなりました。

この方は内臓の異常(自律神経の乱れ)ではなく、姿勢の悪さや仕事での負担による筋肉や関節自体の異常が原因だったので、仕事をする時はコルセットを巻いて負担を減らしたり、ストレッチなどをして体の柔軟性を高めるようにアドバイスさせていたただきました。

※コルセットは痛みがある時や腰に負担がかかるとき(重い物を持つときなど)につけるのは良いですが、痛みもないし負担もかからないときにまでしてしまうと、筋力が落ちてしまうのであまりしないほうがいいですね。


茅ヶ崎・寒川の大谷整体院の詳細はホームページをご覧下さい。

大谷整体院
〒253-0083 神奈川県茅ヶ崎市西久保588
TEL 080-5655-8861



2008年10月01日 改善例 トラックバック:0 コメント:0

改善例

            【各部位の改善例】

・ 頭部 → 頭痛

・ 背部 → 肩の凝りや痛み

・ 手・腕 → 腕 ・ 肘 ・ 手首の痛み

・ 腰部 → 腰痛

・ 脚・膝 → 下肢の痛み膝の痛み



ご覧になりたい部分(オレンジ色)をクリックして下さい。


・ 主に使っている手技が知りたい方は→ 手技の説明

・ 予約状況や休診日が知りたい方は→ 「予約状況・休診日

・ 出張施術をご希望の方は→ 「出張施術


茅ヶ崎・寒川の大谷整体院の詳細はホームページをご覧下さい。

大谷整体院
〒253-0083 神奈川県茅ヶ崎市西久保588
TEL 080-5655-8861

2008年10月01日 改善例 トラックバック:0 コメント:0