FC2ブログ

下肢の痛み

下肢の痛みを原因により分けると3つに大別されます。

1、神経が圧迫されるための痛み
2、関節の痛み
3、血行障害による痛み

神経が圧迫される原因は、良くない姿勢や動作が体のバランスを崩したために腰から脚に出ている神経を圧迫して、臀部や下肢に痛みとなって現れます。
関節の痛みもO脚やX脚など下肢の歪みによって、関節に負担がかかり痛みが出る場合と、腰からの神経が曲げたり伸ばしたりするときに引っ張られ痛みを発症する場合があります。
このような場合は、まず体のバランスを整えて腰から出ている神経の圧迫や関節の負担を軽減させます。
また、血行障害によって代謝がわるくなり阻血性の痛みが生じることもあります。
血流障害の原因は動脈硬化やストレスによる自律神経の乱れ(交感神経の緊張)などが考えられます。
適度な運動やバランスの良い食事、ストレスを出来るだけかけないなど、健康的な生活を心がけましょう。


茅ヶ崎市・寒川町の腰痛整体:大谷整体院

茅ヶ崎・寒川の大谷整体院の詳細はホームページをご覧下さい。

大谷整体院
〒253-0083 神奈川県茅ヶ崎市西久保588
TEL 080-5655-8861



スポンサーサイト



2006年04月26日 脚・膝のトラブル トラックバック:0 コメント:0

膝の痛み

①膝は悪くないのに、腰部や骨盤のバランスが悪く膝に
  負担がかかり、膝に痛みが出ている。(O脚・X脚など)

②膝は悪くないのに、膝に行く神経の出口(椎間孔)部分
  での問題があり、痛みが膝に出ている。
  (坐骨神経や大腿神経などの神経痛)

③膝自体が悪く膝が痛い。
(靭帯や半月板の損傷、加齢による変形)

④①~③が複合的に在る。

来院される方の多くは「変形性膝関節症」と言われています。男性より女性に多いことを考えれば、加齢による骨や軟骨の変性というのも原因のひとつではあると思うのですが、膝の痛みを考える時、腰椎や骨盤のバランスの問題と膝周りに分布する神経の問題は避けて通れません。
膝周囲の神経は後面が坐骨神経、前面は大腿神経という神経ですが、これらの神経はすべて腰椎と腰椎の間(椎間孔)や仙骨と腰椎の間(椎間孔)から出て膝周囲に分布します。

実際拝見すると、坐骨神経痛の一種と言ってもいいのではと思うケースも多く、膝自体は悪くないのに痛む場所がたまたま膝だと「膝痛」ですし、足の後ろに痛みが出れば「坐骨神経痛」です。
膝が痛いからといって膝だけを治療していてもなかなか治りません。痛い所が悪いとは必ずしも限りません。

病院で「軟骨がすり減っている、骨棘が出ている、筋肉が弱っている」と診断される事が多いと思いますが、膝は全身の体重がかかる部分でもあり、また下肢にゆく神経はすべて腰椎部分(椎間孔)から出ていることを考えれば、体のバランスの問題、腰椎から出て膝に分布する神経の問題と大きく関係することは明らかです。
膝だけの問題としてではなく、全体的に体を診ていくことが必要です。

たとえば原因が①や②と推測できれば、治療する部分は腰や骨盤になります。膝の症状はその結果として出ているだけなので、腰や骨盤のバランスがとれてくれば膝の痛みは自然と治っていきます。

原因が③とすれば、膝の治療をしますが、外傷などがない限り若い方の場合、たいてい①か②が原因のことが多いです。

逆に高齢の方は、④のことが多いので、この場合は腰や骨盤などのバランスの治療と膝自体の治療が必要になり、治療に時間のかかることが多いです。
高齢者の場合、慢性化している場合が多いので、治療に時間はかかりますが、治療を続けていけば、完全には治らないにしても、症状は改善していきます。
変形してしまった関節やすり減ってしまった軟骨は元には戻りませんが、痛みさえ消えればあるいは生活に支障がない程度まで痛みが減ればいい訳ですから、症状をいかに減らすかという点に治療の重点をおきます。


茅ヶ崎・寒川の大谷整体院の詳細はホームページをご覧下さい。

大谷整体院
〒253-0083 神奈川県茅ヶ崎市西久保588
TEL 080-5655-8861

2006年04月24日 脚・膝のトラブル トラックバック:0 コメント:0

腕・肘・手首の痛み

手や指先使う作業が長時間続くと、腕・手首・指などに疲れが溜まり、その状態が長く続くと炎症が起こり痛みを発することがあります。

手や腕を動かさなくてもジンジン痛む場合は、炎症が起こっているため患部をアイシングして安静にします。

なったばかりであれば、負担をかけずに安静にしていればそのまま痛みが引いていきますが、慢性的な痛みや使うと痛みが再発してしまうような場合は、痛みのある場所だけの問題ではなく、頚椎の歪みなどによって腕や手につながっている神経が過敏になり、負担がかかったときに痛みを発症する場合も多くあります。

そういった場合は頚椎の歪みを取り除き、神経の流れをよくしてあげることも大切です。

また、再発しないために使った後に筋肉をほぐしたり、ストレッチをするなどして疲労が残らないようにしましょう。


茅ヶ崎・寒川の大谷整体院の詳細はホームページをご覧下さい。

大谷整体院
〒253-0083 神奈川県茅ヶ崎市西久保588
TEL 080-5655-8861

2006年04月24日 手・腕のトラブル トラックバック:0 コメント:0

首・肩のこりや痛み

肩こりは、肩やその周辺にこりの原因があることは少なく、原因はかなり多岐にわたっています。

1、眼の疲れ
2、腕の疲れ
3、体の歪み
4、ホルモンや自律神経の乱れ
5、内臓の疲労
6、便秘
7、その他

1、 目は上部頚椎から神経が出ており、眼が疲れると上部頚椎が緊張し、そこに関係する首や肩の筋肉も緊張し、肩こりとなって現れます。

2、 腕の疲れが続くと、中心の方へ広がり肩こりとなって現れます。

3、 長時間同じような動作や姿勢をしていると体が歪み、肩のラインが左右どちらかに下がったり、首がねじれたりして、肩こりの原因となります。

4、 ストレスやホルモンの乱れなどの影響で自律神経が乱れると、体の機能のバランスを保ちづらくなり、肩こりなどいろいろな症状となって現れます。

5、 内臓が疲労すると、その内臓と神経でつながっている肩や背中にこりや痛みとなって現れます。

6、 便秘をすると、腸から栄養だけでなく不要物質も吸収してしまい、その不要物質が血液に溶け込み全身に送られ、肩こりなどいろいろな症状となって現れます。

7、 その他に食生活を改善して痩せたところ、肩こりや腰痛も改善した方もいました。


なかなか肩こりが改善しない方は、このような原因をチェックして自分に当てはまりそうなものを一つ一つ改善していってはいかがでしょうか!?


頭痛専用のサイトを作成したのでご覧下さい。 ⇒ 片頭痛・緊張性頭痛でお悩みなら茅ヶ崎の大谷整体院


茅ヶ崎・寒川の大谷整体院の詳細はホームページをご覧下さい。

大谷整体院
〒253-0083 神奈川県茅ヶ崎市西久保588
TEL 080-5655-8861
 

2006年04月24日 背部のトラブル トラックバック:0 コメント:0

腰痛

腰痛は同じような動作や姿勢を長時間とることによって、同じところにばかり負担がかかり、その部分に徐々に疲労が溜まっていき、限界を超えたときに痛みとして発症することがほとんどです。
初めは筋肉の問題が多いのですが、その状況が長く続くと次第に骨盤や背骨を歪ませて、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症になると、腰痛だけでなく臀部や下肢の痛みやしびれなどが現れることもあります。
その他、血液やリンパの流れによって発症する腰痛や内臓の変調によって発生する腰痛などがあり、腰痛といってもいろいろな原因が考えられます。
代表的な腰痛の種類や痛みの特徴、対処方法を簡単にまとめましたので御覧下さい。



腰痛の種類

筋膜性腰痛
長時間座る、立ち仕事、等同じ姿勢で仕事をすることで、筋肉(脊柱起立筋、等の腰筋群)に炎症が起きる。ぎっくり腰の多くはこの腰痛です。

腰椎椎間板ヘルニア
長時間の不良姿勢などで椎体と椎体の間でクッションの役割をしている椎間板にストレスが過剰に加わり、髄核が脱出して、腰から脚に終わる神経を圧迫して、しびれや鈍重感がでる。

腰部脊柱管狭窄症
腰椎の脊柱管が狭いために神経を圧迫され痛みが出る。間欠性跛行(歩行により増悪し、少し歩くと下肢の痛みやしびれの為立ちどまってしまう)が現れる。

内臓の変調によって発生する腰痛
臓器の慢性的不調が、神経を通じて筋肉や血流に影響を与え続け、腰痛と感じる。

血液やリンパの流れの乱れによって発生する腰痛
血流やリンパの流れが悪くなることによって老廃物が溜まりやすくなり、その老廃物が神経を刺激して、痛みや重だるさとなって現れます。




痛みの特徴

筋・筋膜性腰痛
急性の場合は「腰の一部に腫れ・熱感があって痛む」「痛む部分が引っ張られるような動作や負担をかけたりすると痛みが増大する」、慢性的な場合は「疲れると痛みや重だるさが現れる」というような特徴があります。

腰椎椎間板ヘルニア
「臀部から下肢の外側に痛みが広がる」 「前かがみの姿勢で痛みが強くなる」などの特徴があり、ひどくなると「足指のシビレ感や下肢の筋肉の一部に力が入らない」という症状を伴うこともあります。

腰部脊柱管狭窄症
「上体を前かがみさせると痛みが和らぐ 」「少し歩くと痛くなり、休むと痛みが軽減する 」「前かがみで自転車に乗れば長くこげる」などの特徴があります。

内臓の変調によって発生する腰痛
婦人科疾患があれば月経との関係で腰痛が出現し、腸疾患があれば、下痢や軟便がある場合に腰痛が著しくなるという関係がみられます。
腰痛の場所は、比較的広がりがあり、さらに周囲へ放散したり持続的鈍痛となることもあります。

血液やリンパの流れの乱れによって発生する腰痛
「じっとしていても、持続的・断続的な痛みがある」「動作・姿勢が変わっても、痛みの程度は増減しない」「体の冷えや内臓の不調を伴うことが多い」などの特徴があり、お風呂に入ったりして血流やリンパの流れが良くなると痛みが軽減または消失します。




対処方法

急性の場合
まず傷めた直後は炎症を抑えることが先決ですので、アイシング(傷めた局部を冷やす)をします。シップだと冷やす力が弱いので、保冷剤や氷水を使った方が効果的です。2~3日で痛みが引いてくるので、痛みが引いたら今度は組織の修復を促進するため温めます。
傷めた場所は筋力が他の筋肉より弱い、もしくは同じ筋肉が極端に日頃負担をしいられていると言えます。痛みがなくなってきたら、負担をかけていた動作や姿勢を改善するとともに、すこしずつ背中、脚の筋肉、をつけるためエクササイズをしてバランスを整えましょう。

慢性的な場合
慢性的な場合は、筋肉の疲労によってなることが多いので、ストレッチや温めることで血流を良くします。
新陳代謝を促進させることにより、筋肉に溜まった老廃物を取り除き筋肉の疲労を回復させます。
急性の傷みが引いた後のケアと同じように、腰への負担を減らすとともに、負担に耐えられるようにエクササイズをしてバランスを整える事も大切です。


茅ヶ崎・寒川の大谷整体院の詳細はホームページをご覧下さい。

大谷整体院
〒253-0083 神奈川県茅ヶ崎市西久保588
TEL 080-5655-8861

2006年04月21日 腰のトラブル トラックバック:0 コメント:0

手技

骨盤調整
骨盤が歪むことにより、腰痛を起こすことはもとより、二次的に頚椎や胸椎に新たな歪みを発生させて、頭痛・肩こり・背中の痛みなどを引き起こします。
さらに、骨盤の歪みが中にある内蔵・血管・神経を圧迫してしまい、特に女性では冷え性・生理不順などを起こす原因にもなります。
土台を正さなければ、いくらその上に建つ柱を真っ直ぐにしてもすぐにまた歪んでしまいます。
骨盤調整とは土台を正す、つまり骨盤のゆがみを調整することで体の調子全体を整えていこうという根本的な改善をめざすものです。


関節モビリゼーション
日常生活において、関節への過度な疲労や、外的な力が加わり損傷を受けた場合や、ギプス等で長期間関節を固定していた場合、関節は動きが制限されます。
その状態で無理に動かそうとすると、関節に負担がかかり痛みが生じます。
関節モビリゼーションとは、関節に対して細かな運動を繰り返し与えて、関節に円滑な動きを回復させたり、痛みを軽減させることを目的として行います。


按腹法
腹部にある十二の経路に圧を加え調整をおこないます。
気血の流れをよくし、内臓を活性化、また心理的なストレスからくる自律神経やホルモンの乱れを整え、コリや不定愁訴を取り除く方法です。
下痢・便秘・胃のむかつき・食欲不振など内臓の不調に効果的ですが、肩こりや腰痛に効く場合も多くあります。


操体法
気持ちよく動くと元に(正体)にもどるようにできている人間の体の性質を生かした操法。
具体的には、痛いほうへ無理やり動かすのではなく反対の気持ちの良い方へ動かし、力の入れ具合と呼吸のタイミングを利用して正体に戻していきます。


茅ヶ崎・寒川の大谷整体院の詳細はホームページをご覧下さい。

大谷整体院
〒253-0083 神奈川県茅ヶ崎市西久保588
TEL 080-5655-8861

2006年04月20日 手技 トラックバック:0 コメント:0