FC2ブログ

腰痛

腰痛は同じような動作や姿勢を長時間とることによって、同じところにばかり負担がかかり、その部分に徐々に疲労が溜まっていき、限界を超えたときに痛みとして発症することがほとんどです。
初めは筋肉の問題が多いのですが、その状況が長く続くと次第に骨盤や背骨を歪ませて、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症になると、腰痛だけでなく臀部や下肢の痛みやしびれなどが現れることもあります。
その他、血液やリンパの流れによって発症する腰痛や内臓の変調によって発生する腰痛などがあり、腰痛といってもいろいろな原因が考えられます。
代表的な腰痛の種類や痛みの特徴、対処方法を簡単にまとめましたので御覧下さい。



腰痛の種類

筋膜性腰痛
長時間座る、立ち仕事、等同じ姿勢で仕事をすることで、筋肉(脊柱起立筋、等の腰筋群)に炎症が起きる。ぎっくり腰の多くはこの腰痛です。

腰椎椎間板ヘルニア
長時間の不良姿勢などで椎体と椎体の間でクッションの役割をしている椎間板にストレスが過剰に加わり、髄核が脱出して、腰から脚に終わる神経を圧迫して、しびれや鈍重感がでる。

腰部脊柱管狭窄症
腰椎の脊柱管が狭いために神経を圧迫され痛みが出る。間欠性跛行(歩行により増悪し、少し歩くと下肢の痛みやしびれの為立ちどまってしまう)が現れる。

内臓の変調によって発生する腰痛
臓器の慢性的不調が、神経を通じて筋肉や血流に影響を与え続け、腰痛と感じる。

血液やリンパの流れの乱れによって発生する腰痛
血流やリンパの流れが悪くなることによって老廃物が溜まりやすくなり、その老廃物が神経を刺激して、痛みや重だるさとなって現れます。




痛みの特徴

筋・筋膜性腰痛
急性の場合は「腰の一部に腫れ・熱感があって痛む」「痛む部分が引っ張られるような動作や負担をかけたりすると痛みが増大する」、慢性的な場合は「疲れると痛みや重だるさが現れる」というような特徴があります。

腰椎椎間板ヘルニア
「臀部から下肢の外側に痛みが広がる」 「前かがみの姿勢で痛みが強くなる」などの特徴があり、ひどくなると「足指のシビレ感や下肢の筋肉の一部に力が入らない」という症状を伴うこともあります。

腰部脊柱管狭窄症
「上体を前かがみさせると痛みが和らぐ 」「少し歩くと痛くなり、休むと痛みが軽減する 」「前かがみで自転車に乗れば長くこげる」などの特徴があります。

内臓の変調によって発生する腰痛
婦人科疾患があれば月経との関係で腰痛が出現し、腸疾患があれば、下痢や軟便がある場合に腰痛が著しくなるという関係がみられます。
腰痛の場所は、比較的広がりがあり、さらに周囲へ放散したり持続的鈍痛となることもあります。

血液やリンパの流れの乱れによって発生する腰痛
「じっとしていても、持続的・断続的な痛みがある」「動作・姿勢が変わっても、痛みの程度は増減しない」「体の冷えや内臓の不調を伴うことが多い」などの特徴があり、お風呂に入ったりして血流やリンパの流れが良くなると痛みが軽減または消失します。




対処方法

急性の場合
まず傷めた直後は炎症を抑えることが先決ですので、アイシング(傷めた局部を冷やす)をします。シップだと冷やす力が弱いので、保冷剤や氷水を使った方が効果的です。2~3日で痛みが引いてくるので、痛みが引いたら今度は組織の修復を促進するため温めます。
傷めた場所は筋力が他の筋肉より弱い、もしくは同じ筋肉が極端に日頃負担をしいられていると言えます。痛みがなくなってきたら、負担をかけていた動作や姿勢を改善するとともに、すこしずつ背中、脚の筋肉、をつけるためエクササイズをしてバランスを整えましょう。

慢性的な場合
慢性的な場合は、筋肉の疲労によってなることが多いので、ストレッチや温めることで血流を良くします。
新陳代謝を促進させることにより、筋肉に溜まった老廃物を取り除き筋肉の疲労を回復させます。
急性の傷みが引いた後のケアと同じように、腰への負担を減らすとともに、負担に耐えられるようにエクササイズをしてバランスを整える事も大切です。


茅ヶ崎・寒川の大谷整体院の詳細はホームページをご覧下さい。

大谷整体院
〒253-0083 神奈川県茅ヶ崎市西久保588
TEL 080-5655-8861
スポンサーサイト



2006年04月21日 腰のトラブル トラックバック:0 コメント:0